【講座】ちくま大学で全4回の特別講座を開講します【第1回 8/8】

筑摩書房の開催する「ちくま大学特別講座」で資本主義を考える特別講座を開講します。

大澤真幸「資本主義の〈その先〉に」 全4回
地球規模で展開し、とてつもない富と深刻な貧困をもたらす資本主義。私たちの思考も行動も、そこから自由ではありません。
資本主義の終焉を予感する声が広がる一方で、「その先」はほとんど何も見えていないのが現状です。一体、資本主義の強靭な延命力の中核には何があるのでしょう?
資本主義を成り立たせている仕組みを、資本主義とシンクロしながら同時代に生まれた二つの対照的な言説――科学と小説――を視野に入れながら解明します。これは、マルクス『資本論』の「剰余」概念の拡張を図り、経済学を超えた、一般的な社会論へと鍛え直す試みです。
資本主義の見方を刷新し、来るべき時代を展望する、スリリングな講座になるでしょう。

■開催日時(全4回:定員30名)
 ・第1回 8/8日(水) 
 ・第2回 8/22日(水)
 ・第3回 9/5日(水)
 ・第4回 9/19日(水) 
   いずれも、18:30 〜20 :30 ※開場は18:00
■受講料:1回券/2000円、4回通し券/7000円
■会場:〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3株式会社筑摩書房 4F(都営地下鉄浅草線 蔵前駅より 徒歩1分/都営地下鉄大江戸線 蔵前駅より 徒歩5分)

お申し込みはこちらから、https://peatix.com/event/404032?lang=ja
筑摩書房のHPにもご案内がございます。

記事へリンク

【講座】「現代社会論」「オウム真理教から考える――残された三つの哲学的な問い」【7/14】

朝日カルチャーセンター新宿教室にて開催している「現代社会論」。次回は2018年7月14日に開催します。

今回は、先週末の松本智津夫等の死刑執行を受けて、「オウム真理教から考える――残された三つの哲学的な問い」というタイトルで講義をします。
かつて吉本隆明は、思想は、その可能性の頂点において乗り越えなくてはならない、という趣旨のことを述べていました。ある思想を批判するとき、ライバルとなるその思想をできるだけくだらないものと見なして――つまりハードルを下げて――、乗り越えてもダメだ、と。相手のポテンシャルをできるだけ高く評価し――ときには相手が自覚している以上に過剰に評価し――、それでも、なお乗り越えることができるのか、と考えなくてはならないのです。
オウム事件という出来事が提起した問題を、その可能性の頂点において捉えると、そこから三つの哲学的な問いを導くことができます。それらの問いは、未だに解決できていないどころか、むしろ今日の社会的文脈においては、より深刻なものになっています。この点を理解することは、オウム事件という過去を鏡にして、現在の私たち自身のことをより明晰に理解することです。
最後に、時間があれば、21世紀の日本にとって、最も重要な政治的選択肢はどこにあるのか、どこに見定めるべきか、ということも論じてみたいと思います。それは、オウムが残した問いという主題とも深くつながってもいるからです。

日 時:2018年7月14日
会 場:朝日カルチャーセンター新宿教室(〒163-0210東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階(受付))
参加費:全1回=会員3,240円/一般3,888円(いずれも税込)

注意事項 ・詳細なテーマは開講7~3日前にHP、twitter(@asakaruko)にてお知らせします。
・教室、参加費など上記の内容は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

詳細・ご予約などは、朝日カルチャーセンター新宿校HPでも随時告知します。

記事へリンク

【シアタートーク】「現代社会の『変身』」【12/3】

フランツ・カフカの『変身』を、スタイリッシュな独自の舞台世界に変容させた、小野寺修二演出『変身』。SPAC『変身』公演にあわせたシアター・トークに登壇します。 (さらに…)

記事へリンク