【8/16】公開シンポジウム《東京アーバニズム序説》に登壇します【8/16】

新たなる東京論を目指すプロジェクトによる徹底討議に登壇します。参加者は気鋭の建築家小林恵吾氏、演出家高山明氏、ドキュメンタリー映画監督松江哲明氏。桂英史氏の進行により、高山明/Port B《個室都市 東京》(2010年初演、本年秋再演)のはらむ問題系を軸に、芸術と都市、東京論を論じます。

RAM公開シンポジウム《東京アーバニズム序説 -『個室都市 東京』をめぐって》

公開シンポジウム《東京アーバニズム序説》を開催!
今週末の8月16日(金)、大澤真幸、小林恵吾、高山明、松江哲明、桂英史とさまざまな分野で活躍する5名が集い、公開シンポジウムを開催します。高山明/Port Bによる『個室都市 東京』(2009)の発表から10年が経ち、2019年今秋の再演を機に、東京論の更新を試みる計画が立ち上がっています。演劇、建築、映画と芸術分野からも異なる立場の方々に登壇していただき、『個室都市 東京』を糸口にしながら、同時代の芸術をめぐる議論と共に、都市論の刷新をめざして徹底討議します。芸術や社会をめぐる議論の機会として、奮ってご参加ください。入場無料、要予約(定員80名)。

|登壇者|
大澤真幸[社会学者]
小林恵吾[早稲田大学理工学研究科建築学専攻准教授, NoRA共同主宰]
高山 明 [演出家, 東京藝術大学大学院映像研究科教授]
松江哲明[ドキュメンタリー監督]

|司会進行|
桂 英史 [メディア研究, 東京藝術大学大学院映像研究科教授]
 

|日時| 8月16日[金] 19:00-21:00(受付開始 18:30)
|場所| TODA BUILDING 1F(東京都中央区京橋1-7-1)

|入場| 無料、定員80名(要予約)
|ご予約フォーム| https://forms.gle/BFuXKYHHpQ29jaPL8

|主催| 東京藝術大学大学院映像研究科 RAM Association
|共催| TOKYO 2021
|協力| 戸田建設株式会社
|助成| 文化庁「大学における文化芸術推進事業」

|WEB|http://geidai-ram.jp/event/2036
|お問合せ|geidairam@gmail.com

詳細は上記リンク先をご確認ください。