【新刊】自由という牢獄 責任・公共性・資本主義【文庫化】

現代社会を覆う閉塞感はどこからくるのか? 自由を理論的に論じ、河合隼雄学芸賞を受賞した『自由という牢獄』が岩波現代文庫になります。

もくじ

はじめに

第1章 自由の牢獄――リベラリズムを超えて
 1 リベラリズムの時代
 2 自由の困難
 3 身体の所有
 4 閉塞であるような解放
 5 無罪性と有責性
 6 自由の可能条件
 7 リベラリズム・アフター・リベラリズム

第2章 責任論――自由な社会の倫理的根拠として
 1 責任の不発化
 2 リスク社会
 3 責任のもう一つの可能性
 4 いくつかの提案

第3章 〈公共性〉の条件――自由と開放をいかにして両立させるのか
 1 幽霊という敵
 2 現れの空間
 3 公共性の危機
 4 「公」と「公界」
 5 類と生命
 6 〈普遍的公共性〉に向けて
 7 もうひとつの民主主義

第4章 不・自由を記述する赤インク
 1 不・自由を伝える赤インクがない
 2 資本主義における格差問題
 3 形式という剰余
 4 自由の蒸発
 5 神さえいれば
 6 大審問官に応える

岩波現代文庫版あとがき
初出一覧

詳細は下記の岩波書店HPをご覧ください。
https://www.iwanami.co.jp/book/b374914.html