【講義】「現代社会論」「データ教の蔓延について」【2/16】

朝日カルチャーセンター新宿教室にて開催している「現代社会論」。次回は2019年2月16日(土)に開催します。

今回のテーマは、近未来についてのペシミスティクな予測です。
データ教の蔓延ということを話します。データ教Data Religionは、ユヴァル・ノア・ハラリの造語ですが、講義で説明する論理は、ハラリのものとはかなり異なります。
データ教は、「宗教としての資本主義」の逆説的な転回として生まれます。つまり、それは、資本主義なるものを成り立たせている基本的な価値の否定であると同時に、資本主義を導いている基本的な原理の必然的な延長上にあるものです。そもそも、私たちは、気づかぬうちにすでに、データ教に入信しかかっています。
データ教の浸透は、重い代償を伴う、ということを話すことになります。重い代償というのは、「自由一般」です。何か特定のことの自由を失うということではなく、自由そのものの促進ということを通じて、自由ということの一般を失う可能性がある、ということです。
最後に、これにどう対抗したらよいのか、ということについてのヒントのようなこともお話しするつもりです。メルヴィルの小説『バートルビー』の解釈を通じて、です。

日 時:2019年2月16日15時30分〜17時30分
会 場:朝日カルチャーセンター新宿教室(〒163-0210東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階(受付))
参加費:全1回=会員3,240円/一般3,888円(いずれも税込)

注意事項 ・詳細なテーマは開講7~3日前にHP、twitter(@asakaruko)にてお知らせします。
・教室、参加費など上記の内容は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

詳細・ご予約などは、朝日カルチャーセンター新宿校HPでも随時告知します。