【5/28】ウクライナ戦争で何が起きているのか、を論じる現代社会論を開講します

朝日カルチャーセンター新宿教室にて開催している「現代社会論」。次回は今月28日、ウクライナ戦争をめぐって開催いたします。

理由もわからない戦争が始まった。プーチン=ロシアは、なぜウクライナに軍事侵攻したのか。本人が公言している理由、一般に信じられている理由、つまりNATOが云々はいった理由は、おそらく、軍事侵攻の真の理由ではない(せいぜい副次的な理由でしかない)。
この戦争は、(かつて第一次世界大戦が19世紀から20世紀への転換を画したように)ほんとうの意味での21世紀の始まりを告げるものになるかもしれない。
現在のウクライナ戦争を通じて、どのような世界が現れるのか、その見通しについて講義する。冷戦が終わったときに提起された二つの対立的な世界像、「歴史の終わり」(フクヤマ)と「文明の衝突」(ハンティントン)を合成することからヒントが得られる。「終わり+衝突+X」。最後の+Xが重要である。

日 時:2022年5月28日15時30分〜17時00分
参加費:全1回=会員3,300円/一般3,850円(いずれも税込)

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。

詳細・ご予約は、朝日カルチャーセンター新宿校HP「現代社会論 大澤真幸ゼミナール」で承ります。